Discretion

リリック

物心ついた時には父子家庭

母親に会いたいけど どうしようもねぇ

幼くても感じていたタブー 

「母親」の話題話し

周りの大人に気遣い

絶対出さない 「会いたい…」

なんて言葉 昨日の様だ

鮮明に今でも残ってる

母の日なんか苦痛な1日

それだけで学校休む理由に

周りと違う環境に卑屈に

それがいつか反抗期の理由に

かざして沢山の人 傷つけた

それでも抑えが きかなかった

心の弱さから逃げていた

誰かのせいにしながら

自分の何かを守るのに必死だった

何でも良かった 逃げる理由、都合は

誰でも良かった 傷つける人達

チッポケな信念 正当化の様に叫んだ

自分の過去 トラウマなだけ

それが消したい ただそれだけ

誰かに当たれば それが理由に

認めてくれると 自分の都合に

*Love My mother

   あなたに会いたいただそれだけ

   Love My mother

   側にいて欲しかっただけ

   Love My mother 成長した分だけ 

   Love My mother  側で見守って欲しかっただけ

親父は自営業 帰りは深夜

帰らない日も沢山あった

多分 オレ楽させる為だけ

金なんかで苦労させたくないだけ

昔はそれが分からず 求めていた

2人分の気持ち期待していた

自分と同じ年には会社作り

生活支えて 忙しい

玄関先倒れて救急車 それが参観日 当日の朝

書いた似顔絵病室で渡した

ベッドで無理して笑って受け取った

愛 足りない分 くれた金

それが欲しかったわけじゃなかった

周りの様に 友達の様に

ただただ遊んで欲しいかった

正直 金では苦労しなかった

たけど周りの様に愛 求めて彷徨った

無い物ねだり 愛を欲しがり

手にないモノを掴みたいと叫んだ

周りの大人は敵だらけ 

家族すら信じない事だらけ

母親がいない そんなドラマ

他人はそれ以上に信じない トラウマ

*Love My mother あなたに会いたいただそれだけ

   Love My mother 側にいて欲しかっただけ

   Love My mother 成長した分だけ

   Love My mother  側で見守って欲しかっただけ

ある日かかってきた 一本の電話

数年振り 母親の声が

泣きながら伝えた

 「会いたい…」の言葉

声だけ 隣りで久々 出会えた 

今まで会えなかった距離が

5歳の記憶が懐かしい

その時はすでに片親 周りには恥ずかしい

出会えるまでの月日 10年かかった

Love My mother 産んでくれて本当にありがとう

Love My mother 幼き頃の記憶無いだけ

Love My mother そんな事も過去なだけ

Love My mother それ以上に時を過ごすだけ

*Love My mother あなたに会いたいただそれだけ

   Love My mother 側にいて欲しかっただけ

   Love My mother 成長した分だけ

   Love My mother 側で見守って欲しかっただけ

The father and son home when it went discretion

We are not helpless I want to meet a mother

The young also talk topic of taboo “mother”, which has been felt

The concern in adults around

We are not issued absolutely “want to meet …”

It’s like yesterday words Nante

It remains even clearly now

Mother’s Day something painful day

The reason to rest school it just

And subservient to around and different environment

The reason for it someday rebellious phase

And hurt a lot of people by holding

Still suppressed did not hear

It had escaped from the weakness of the mind

While to blame someone

I was desperate to protect their own something

Why run away and was good at what, convenient

People hurt anyone good at was

I cried like a puny belief justification

As much as his own past trauma

Just like that you want to erase it

In if hits someone it reason

To us and their convenience admitted

* My mother Just like that you want to meet you in just

Just wanted you to have the My mother side

The My mother grown minute only

Just wanted to watch at My mother side

Father is self-employed way home from midnight

Many had some days you do not go home

Only to be probably my ease

I just do not want to be struggling with something gold

In the past we had asked not know it

I was hoping the feeling of two people

Company making the same year that he

The busy supporting life

It falls outside the front door to the ambulance that morning of the visit the day

It was passed in wrote portrait hospital room

Received with a smile is impossible to in bed

Minute and gave me money not enough love

I did not mean it wanted

Like a friend as around

I did not want to play nothing but

In honest money I did not struggle

Was wandering in search of love as around I was

The gully wishing to desiring too much love

Shouted want to grasp the not things in hand

Adult around enemy riddled

Full of things I do not believe even family

Such drama there is no mother

Trauma others I do not believe in it more

* My mother Just like that you want to see you

Just wanted you to have the My mother side

The My mother grown minute only

Just wanted to watch at My mother side

One of the incoming call one day

The voice of a few years mother

It was reportedly crying

 Word of the “Aitai …”

We have met after a long time in the next only voice

The distance that did not meet until now

Storage of 5-year-old nostalgic

The embarrassing around single parent at that time

It took meet until the month in ’10

* My mother Thank you very much gave birth

Just no memory of the time My mother Infant

My mother such a thing only be past

My mother and only spend the time any more to

* My mother Just like that you want to see you

Just wanted you to have the My mother side

The My mother grown minute only

Just wanted to watch at My mother side

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

黒木 桂一郎世界を旅するビジュアルアーティスト
1985年宮崎県生まれ。
2012年より約1年間をかけ世界一周、49ヶ国を旅する。
様々な国、人種、宗教、文化、価値観、出逢いに触れ合い2013年帰国。
帰国後、海外写真作品を展示。
2017年、寺修行へ入る。
坐禅修行中の閃きからキャンドル制作を開始。

世界一周の旅をコンセプトにした​
TRAVEL SHOP Around the world

キャンドルブランド
UNA LUCE

訪問国
中国、シンガポール、マレーシア、タイ、ラオス、ベトナム、カンボジア ミャンマー、インド、ネパール、エジプト、ヨルダン、イスラエル、トルコ ​ブルガリア、ハンガリー、ギリシャ、フィンランド、ポーランド、チェコ ウクライナ、オーストリア、クロアチア、イタリア、バチカン、オランダ フランス、ベルギー、スペイン、ポルトガル、モロッコ、ペルー、チリ ボリビア、エクアドル、コロンビア、パナマ、グアテマラ、ベリーズ メキシコ、キューバ、カナダ、アメリカ、韓国、台湾、フィリピン インンドネシア、スリランカ、バングラディシュ

​ 受賞歴
2017 入選:DeNAトラベル フォトコンテスト
日本航空・ニコンイメージングジャパンコラボレーションサイト
「エクストリーム・トラベラー」フォトコンテスト

2018 受賞:第7回 AIR CANADAフォトコンテスト2018          第22回総合写真展 優秀賞 2019 入選:第93回国展写真       第23回総合写真展 秀作